« 嵐去って... | ホーム | 企画展「ゆずりは」を終えて »

2016年9月25日

まいにちごはん



企画展 「 ゆずりは 」

連日、たくさんの方にお越し頂き

まことにありがとうございます。

昨日の9/24(土)、食のワークショップ「まいにちごはん」が開催されました。

事前予約の段階から、定員をこえるお申し込みをいただきました。

今回残念ながらワークショップにご参加いただけなかった方も、ぜひ 企画展「ゆずりは」に足を運んで下さると

幸いです。


「 まいにちごはん 」

赤ちゃんから大人まで食べられるおいしい伝統食、心
から満足できる和食を。

わたしたちヒトの身体は、さまざまな命からつくられています。

特に日本の食文化を遡ってみると

古来より、自然からたくさんの命の恩恵を受け、工夫され、素材を食す、味わう文化が現代まで引き継がれています。

今でこそ、外食産業が盛んになり、欧米欧州、世界各国の食文化が身近に感じられるようになりました。

飽食の時代、わたしたちが今を生きる上で、命をつなぐ役目を担い、何を伝えていけるか。

小さな命を育むためにできることはなにか。

たくさんの思いがめぐる時間でした。

_DSC1792.JPG

ワークショップに参加してくださったみなさま

たくさんの小さなヒト

思い思いに

なかなかの森 を駆け巡り

「 ゆずりは 」を感じ取って頂けたでしょうか?

今回のなかで

「 めぐる 」という言葉がたくさん出てきます。

使い方はそれぞれ。

思いもそれぞれ。

ヒトとして、命として、成長していくこと。

親から子へ、子から孫へ、そのまた次の世代へ。

めぐる めぐる

また返ってくるのかなぁ

なんて感じながら

次のいのちへ いのちを吹き込んでいく

ゆずりは助産院 院長  片山由美さんの言葉から

日々心掛けること、何気なしにそっとできること

染み込むように流れてきました。

_DSC1813.JPG

今回、この機会を頂けました、ゆずりは 片山由美さん、大西さん、田賀さん、料理家のikuraさん、

本当にありがとうございました。

たくさんのお母さんと、小さなヒトたちが

森に来てくれたこと、心より感謝申し上げます。


_DSC1884.JPG


_DSC1845.JPG



企画展「 ゆずりは 」はもう少し続きます。

10/1(土) 17:00まで開催しています。

まだご覧頂けていない方、この機会にぜひおこしくださいませ。

企画展「 ゆずりは 」
https://www.facebook.com/events/919160834854565/

たくさんのみなさまのお越しをお待ちしています。

_DSC1799.JPG


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nakanaka-no-mori.com/mt/mt-tb.cgi/247

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakanakanomoriが2016年9月25日 15:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「嵐去って...」です。

次のブログ記事は「企画展「ゆずりは」を終えて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。